無添加の家とは

投稿日:2018年08月09日

こんにちは、廣田です。

 

今回は無添加の家が

どのようなものか紹介します。

 

 

 

 

‘お手本はむかしの家づくり‘

 

化学物質を使い始める以前

日本の家は面積の

広い壁には土

柱はヒノキ、梁はマツ

床は畳、

間仕切り壁には障子やふすま

が使われていました。

 

 

それに対し

現代の工業化された家

 

 

屋根

スレート瓦:アスベストに似た構造

 

 

 

化学ボード:呼吸しない

 

 

 

断熱材

ロックウールや

グラスウール:細かい繊維が飛散する

 

 

 

ドア

塩ビシート貼り

のドア:燃えると有毒ガスが発生

 

 

 

基礎のパッキン

プラスチック製:20年も

すれば劣化が始まる

 

 

 

コスト優先で、化学建材を多用した

工業化住宅を作りづづけた結果

シックハウス

起こってしまいました。

 

 

 

無添加の家

 

 

屋根

天然石の屋根:耐候・耐久性に優れ美しい

 

 

 

漆喰:空気を清浄し呼吸する壁

 

 

 

天然石:劣化せず表情も豊か

 

 

 

断熱材

炭化コルク調湿・防振・吸音・防火防腐

など万能な建材

 

 

 

ドア

無垢材昔ながらのにかわで組立て

 

 

 

 

無添加住宅の家は合成化学物質

化学建材をいっさい使わず

むかしの家づくりの

バランスをお手本に

天然の素材でつくられています。

 

 

 

2018年8月9日 投稿|     

ご相談・お問い合わせcontact

SAWAMURA建築設計 TEL.0120-55-0002 営業時間10:00~18:00

SNSにて施工事例や家づくりのポイント等の情報を発信しています。