シックハウス症候群

投稿日:2018年08月20日

 

こんにちは、廣田です。

 

 

 

8月も半分が過ぎましたが

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

 

今回は、シックハウス症候群について

紹介します。

 

 

シックハウス症候群とは

何なのでしょうか?

 

最近よく聞く言葉ですが

詳しく紹介します。

 

 

 

 

新築直後の室内空気汚染によって

引き起こされる病気です。

 

 

 

一般的な住宅では

建材や建材関連品には

大量の揮発性化学物質

使われており

それが原因となって

発症します。

 

 

家の中に入ると

 

 

 

目がしみる

涙が出てくる

鼻水が出る

鼻が詰まる

喉が痛い

動悸がする

頭が重いなど

 

 

 

様々な症状が現れるようになります。

 

 

患者数は全国で100万人以上

言われています。

 

 

 

元々アレルギー

アトピー性皮膚炎

小児気管支喘息

悪化する場合も

あります。

 

 

 

 

 

人の身体をビーカーで例える

「シックハウス症候群」

小さなビーカーから

溢れだした化学物質

アレルギー反応が出た症状

 

       ↓

「化学物質過敏症」

さらに大きなビーカー

(人体の許容量)を

あふれ出してしまった症状

 

 

化学物質過敏症は、

特定の化学物質に接触し続けた結果

限界を超えてしまい、発症する病気です。

 

 

 

シックハウス症候群は

建材のホルムアルデヒドという

化学物質に過敏に反応してしまう病気で、

この化学物質過敏症の一種とされています。

 

 

 

 

シックハウス症候群や

化学物質過敏症になりやすい人

 

 

 

1.先ほど説明した

体内ビーカーの許容量が小さい人

 

 

2.汗をかきにくい人

出ない人・出さない人

 

 

 

または

出ようとしても出せない

=苦しい

 

 

 

上記の事に当てはまる人

化学物質過敏症になりやすい人

だと言われています。

 

 

普段何気なく過ごしていると

気づきませんが

私たちが呼吸をして

体内に取り込んでいる

空気には

建材から発せられている

様々な物質には

身体に悪影響のあるものが

たくさん含まれています。

 

 

 

 

2018年8月20日 投稿|     

ご相談・お問い合わせcontact

SAWAMURA建築設計 TEL.0120-55-0002 営業時間10:00~18:00

SNSにて施工事例や家づくりのポイント等の情報を発信しています。