注文住宅の諸費用の内訳とおおよその費用について

投稿日:2018年09月23日

 

 

こんにちは、廣田です。

 

3連休真っただ中ですが

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

最近、注文住宅の予算について

ブログで何度かご紹介させて

いただいています。

 

 

今回は

注文住宅の諸費用の内訳とおおよその費用について

ご紹介します。

 

 

注文住宅は建売住宅に比べ

予算がかかってしまう

イメージを

持たれているかと思います。

 

そのため、予算について

不安に思っている方も

いらっしゃるのでは

ないでしょうか?

 

 

まず

注文住宅購入にかかる費用として、

本体工事費用・別途工事費用・諸費用

があります。

 

 

この中で諸費用については、

その内訳が分からずお金をどのくらい確保するべきか分からない、

という方がいるのではないでしょうか。

 

今回は諸費用の中でも、

費用が多くかかるものを中心に、

それぞれの費用の目安について、お話しします。
 

□諸費用項目について
一般的に諸費用は全費用の1割~1.5割ほど

であるようです。

また、諸費用の多くは現金

用意しなければいけない場合が多いため、

項目や価格など詳細に把握しておく必要があります。
諸費用項目は、大きく分けると

土地購入にかかる費用その他の2項目です。
その他には、仲介手数料・登録免許税(土地の登記費用)・土地購入

の手付金などがあります。

 

 

これらに加えて建築全般にかかる費用として、

設計費・家具用の費用・引っ越し費・

仮住まい費用・水道加入料・建築確認申請費用・

登録免許税(所有権保存登記・建物表示登記)

などが挙げられます。
 

以下は、それぞれの費用が実際に

どれくらいかかるかについての詳細です。
 

*土地購入にかかる費用
仲介手数料:土地価格の3.24%+6.48万円が上限
登録免許税(土地の登記費用):土地価格の1.5%
土地購入の手付金:土地代金の

10%(※土地の購入費の一部先払い)
仮に、土地代金が2000万円であれば、

その土地購入にかかる費用は約300万円です。
 

*その他
設計費:建築費の10%~15%
家具用の費用(家電・その他の物品も含む):80万円
引っ越し費:30万円
仮住まい費用:1カ月あたり30万円
水道加入料:20万円
建築確認申請費用:10~20万円
登録免許税(所有権保存登記・建物表示登記):20~25万円
などです。

今回は諸費用項目の中でも、

多くの費用が必要である項目について

それぞれの費用の目安をご紹介しました。

 

 

建築費や土地購入費によって

値段は大きく変わることと、

他の諸費用項目もあることを考慮した上で、

どれくらいの予算が出せるのか

考えてみてください。

 

 

予算は万が一に備えて

少し多めに設定することを

おすすめします。

 

 


 

インスタ・facebookもやっています。
皆さんお気軽にフォローしてください。

インスタ→@studioconques
facebook→スタジオコンク
で検索してください。

2018年9月23日 投稿|     

ご相談・お問い合わせcontact

SAWAMURA建築設計 TEL.0120-55-0002 営業時間10:00~18:00

SNSにて施工事例や家づくりのポイント等の情報を発信しています。