失敗しないインテリア計画

投稿日:2019年10月05日

EyeCatch

家を建てるときの楽しみのひとつにインテリアがあります。
自分好みの、オシャレなインテリアでそろえたいと考える人も多いはずです。
インテリアのことは、家を建ててから考えればいいと思っていませんか?実は、家を建ててからでは遅いのです。オシャレな家にするためには、全体のテイストを合わせるのがポイント。それには壁紙や床、建具の材質や色も重要になってくるからです。
失敗しないインテリアの計画について、手順やポイントをまとめました。

 

・インテリア計画の手順

1.その場所で過ごすのは誰かを考える

インテリアは、見栄えが良ければそれでいいというものではありません。その空間でどう過ごすか、どう快適に過ごせるかが大切なポイントです。ですから、その場所で過ごすのは誰がメインかを考えるのが先決です。

例えば、リビングは家族全員が快適に過ごすための場所ですし、寝室なら夫婦が、子ども部屋ならお子さんが気持ちよく過ごせることが大切です。
まずは、その部屋の主役が誰かを決めていきましょう。

 

2.それぞれの部屋に必要なものを考える

部屋の主役が決まったら、次の必要なものを考えます。
リビングなら、ソファーやラグ、ローテーブルなどが欲しいですね。また、テレビやスピーカーなどもほとんどの家庭で必要ですが、こういうものは、小さくてもいい人、たまにしか使わないから隠せるものがいい人、映画を迫力ある画面で観たいので大型テレビに大きなスピーカーが欲しい人など、好みによって変わります。

 

ダイニングならダイニングテーブルと椅子が必要です。照明もリビングとダイニングでどんなものが必要か考えましょう。子ども部屋なら勉強机やベッドでしょうか。でもお子さんが小さいうちはリビングで勉強をさせたいとか、寝室で川の字で寝たいなどライフスタイルによって必要なものは変わります。
寝室ならベッドですが、布団の方がいいという人もいるでしょうし、クローゼットや鏡台なども必要かどうか考えましょう。

 

3.好きなテイストを考える

次に考えるのがテイストです。一番人気なのはナチュラルテイストです。ベージュ、ブラウン、グリーンなどの自然な色を生かし、素材も無垢材や漆喰、ナチュラルカラーの布素材などを使うので温かみがあり、優しい雰囲気の部屋になります。

モダンテイストが好みの人もいます。黒と白のツートーンをベースに、落ち着いた色と直線的な家具でつくるテイストです。シンプルでスッキリとしたデザインの家具を選び、生活感があるものは見えないように、すべて隠せる収納があるといいでしょう。

 

モダンテイストに和風のエッセンスを加えた和モダンも人気です。スッキリとシンプルでありながら、格子の建具や障子、畳などを使い、和を取り入れた落ち着いた雰囲気でそろえます。
他にも、ハワイのリゾート地のようなテイストが好き、アメリカンなにぎやかなテイストが好きなど、人の好みはさまざまです。部屋に統一感を出すためには、テイストを考えてそれに合う壁紙や床材を選び、その後にインテリアを決めていくとまとまりやすくなります。

 

4.現実的に可能かを考える

好きなテイストが決まり、具体的に進める段階にきたら、現実的に実現が可能かどうかも考えます。例えば床がコンクリートで、土足で入れるアメリカのバーのようなリビングがいい!と思っていても、もしお子さんがまだ小さいなら、土足OKのリビングは暮らしにくいリビングになってしまいます。
このように現実的に可能かどうか、家族にあっているかどうかを考えて、好みと調整しながら家具やインテリアを決めていきましょう。

 

・まとめ

インテリアはその部屋の雰囲気を決める重要な要素ですが、それには建具や床材なども関係があります。家づくりの段階からインテリアの計画を進めていくことが、失敗なく、統一感のある部屋をつくる第一歩です。家づくりと同時進行で、インテリア計画を考えていきましょう。

スタジオコンクは敦賀市、小浜市にて自然素材の注文住宅を提案しております。

家づくりをご検討の方はぜひお越しください。

 

HPからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから→無料相談の予約

2019年10月5日 投稿|     

ご相談・お問い合わせcontact

SAWAMURA建築設計 TEL.0120-55-0002 営業時間10:00~18:00

SNSにて施工事例や家づくりのポイント等の情報を発信しています。