PERFORMANCE 住宅性能

目には見えない
性能にこそ安心を。
全棟『長期優良住宅』。

世界的に見ても、日本は地震が発生しやすい国です。
十分な耐震性を確保した家で安心・安全な暮らしを送りたいと、
多くの人が考えていることでしょう。
また、健康で快適な室内環境を少ないエネルギーで実現するために、
家の断熱性・気密性を高める必要があります。
デザインなどと違い、性能は目に見えず、わかりにくいもの。
だからこそ、SAWAMURA建築設計では、
一つひとつの性能基準を明確にしたうえでご提案しています。

SEISMIC
RESISTANCE

耐震性 最高ランクの耐震等級3

地震はいつ、どこで発生するかわかりません。地震に強い家。それは日本に住んでいる誰もが求めるものです。大切な家族や住まい、財産を守るために、SAWAMURA建築設計では、最高ランクの耐震等級3を標準仕様としています。

阪神淡路大震災の
1.5倍の揺れに耐える
耐震等級1は建築基準法に定められている最低限の耐震性能で、「震度6強~7(阪神淡路大震災クラス)の地震が起きても即倒壊はしないレベル」とされています。耐震等級3はその1.5倍の耐震基準。消防署や警察署など防災拠点となる建物と同等の水準で、万が一の地震から暮らしを守ります。

全棟構造計算で
デザイン性と強度を両立

家のデザイン性が高くなると構造が複雑化し、強度を下げてしまうことにもなりかねません。そういった事態が起こらないように、義務ではないものの、すべての住まいで最も高度な構造計算を行い、高いデザイン性と強度を両立できるよう設計しています。

地盤調査+べた基礎で
足元から強い家

地盤が弱いと、地震が起こった際に、液状化や地盤沈下によって建物が傾く恐れがあります。建築の前には地盤調査を行い、必要に応じて地盤を補強。また、建物を面で支えるべた基礎を施工することで、足元から強い家を実現しています。

構造部材にも
こだわりがあります。

国産ヒノキで家を支える

基礎と構造を繋げる土台と、住まい全体を支える柱には、国産のヒノキを使用。調湿効果が高く、耐久性にも優れているので、土台の劣化を防ぎます。

集成材で安定した構造に

梁やそのほかの構造部材には、集成材を使用。JIS規格の安定した品質と、高いデザイン性にも耐えられる丈夫さを兼ね備えています。

構造をより強固にする耐震金物

主要な構造部材同士は、耐震金物によってしっかりと連結しています。地震の強い揺れによる、結合部分の緩みやズレを防ぎ、耐震性能を発揮します。

INSULATION

断熱性 最高ランクの断熱等性能等級4

夏は涼しく冬は暖かく。一年中快適に暮らすためには、高い断熱性能が不可欠です。断熱性に優れた住まいは、冷暖房の効率が高まり、光熱費も安く、省エネに。最高ランクの断熱等性能等級4・省エネ等級4を確保し、快適な住環境をつくっています。

パッシブデザインと
最新技術の融合
太陽光と風などの自然エネルギーを活かしたパッシブデザインで、快適な住空間をつくること。最新の技術を活かして冷暖房効率を高め、心地のいい空気を循環させること。この二つを組み合わせることによって、夏は涼しく冬は暖かい家を実現しています。

硬質ウレタンフォーム吹付け

断熱材には、硬質ウレタンフォームを採用。パネル型の断熱材を設置するのではなく、躯体の形に合わせて隙間なくウレタンフォームを吹き付けることによって、断熱効果を高めています。

樹脂製サッシ

建材の中で最も熱を通しやすく断熱効果を下げてしまうのが、従来型のアルミサッシです。SAWAMURA建築設計では、アルミサッシの約1,000倍の断熱性を誇る樹脂サッシを標準仕様としています。

Low-Eペアガラス

特殊な金属膜をコーティングしたガラスを2層にすることによって、高い断熱・遮熱効果を発揮するLow-Eペアガラス。樹脂サッシ同様に断熱性が非常に高く、結露も削減してくれる高性能な窓ガラスです。

断熱効果をさらに高める
気密性と計画換気

国内最高基準を上回る気密性

SAWAMURA建築設計では、「C値0.5㎠/㎡以下」を標準仕様としています。C値とは、1㎡あたりにどれだけの隙間があるか、を示した数値。次世代省エネルギー基準では、滋賀県・福井県が5㎠/㎡以下、北海道でも2㎠/㎡以下が基準となっており、それらを大幅に上回る気密性を達成しています。

計画換気できれいな空気を維持

気密性の高い家は隙間が少なく、中の空気と外の空気が出入りすることがありません。そのため、機械排気による計画的な換気が可能になり、冷暖房効率を妨げにくい換気を行うことができます。きれいな空気を保つことで、結露やカビの繁殖を抑え、家族の健康維持と家の長寿命化にもつながります。

DURABLE

長寿命な家 最高ランクの劣化対策等級4

持続可能な開発目標(SDGs)の策定により、日本の住まいにおいても、低炭素化を図りながら長く住み継いでいくことが推奨される時代となりました。SAWAMURA建築設計では、そんな時代の流れをとらえ、住宅性能表示でも最高ランクの劣化対策等級4を取得できる品質で、耐久性を高める工夫を施しています。

未来もずっと続く
安心と快適を
耐久性が高く長寿命な住まいに求められるのは、建築資材の選定と通気性の確保、そしてメンテナンスを想定した設計です。SAWAMURA建築設計では、長い目で住まいと暮らしの在り方を見つめ、日本の気候、あるいは地域の気候に合った家づくりを行うことによって、長寿命化を実現しています。

光触媒コートの外壁

美しい外観を長く保つため、光触媒コートの外壁を標準採用。光触媒にはセルフクリーニング機能があり、紫外線を浴びると活性酸素を発生させ、外壁についた汚れを分解してくれます。また、雨水によって汚れが落ちやすくなる効果もあります。

厳しい施工基準と長期点検

SAWAMURA建築設計がこだわる施工品質。厳しい施工基準を設け、工事時点からしっかりとした家づくりをしている自信があるからこそ、お引き渡し後も長期間に渡って自社点検サービスを行っています。

リフォーム・リノベーションにも対応

SAWAMURA建築設計は、新築工事だけではなく、家族構成やライフスタイルの変化に合わせたリフォーム・リノベーション工事にも対応しています。構造や仕様を理解しているからこそ、適切な補強・改修を行うことが可能となります。

CONTACT US