注文住宅の建築に必要な費用の内訳を徹底解説!

投稿日:2018年09月21日

 

 

こんにちは、廣田です。

 

 

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

 

「注文住宅を建てたいけど、

どんな費用がどれくらい

必要か分からない。」

という方がいるのではないでしょうか。

 

 

 

家を建てる際には、

このような悩みは

解決したいですよね。

 

 

 

 

 

 

実は、注文住宅の建築にかかる費用は、

建築工事費用(本体工事費用・別途工事費用)諸費用

2項目に大きく分けられます。

そこで今回は、これらの費用の内訳それぞれについて

話をしていきます。
 

□建築工事費用
建築工事費用は、本体工事費用と別途工事費用

二つに分けられます。

 

 

ここでは、それらについて

お話しします。
*本体工事費用について

 

本体工事費用とは、家そのものの建築にかかる費用で

全費用のうちの7、8割を占めています。

 

 

 

この費用を決定することで、

ベランダをつくったり、

お風呂を豪華にしたりなど

自身の家をどこまで自由に

作り変えられるかが決まります。

 

 

 

 

また、建築会社が出している家の見積額は

本体工事費のみを指している場合があり

注意が必要です。
*別途工事費用について

別途工事費用とは、家そのもの以外の

施工に必要な費用です。

 

 

 

具体的には、水道を引いてきたり、

地盤を調査したりするのにかかる費用などです。

 

 

こうした費用は、全費用のうちの1、2割

占めています。

 

 

 

これらの費用は、本体工事費用土地の場所などが

確保できると自動的に決まる額です。
 

 

□諸費用
諸費用とは、簡潔に述べると手続きにかかる

費用や税金を指します。

 

 

具体的には、資産を自分名義

録する費用仲介手数料

固定資産税などが挙げられます。

 

 

 

この費用は、全費用の1割以下

だと考えてください。
また、この費用は現金

支払わなければいけない

費用が多いです。

 

 

そのため、どれくらいの金額がかかるか

あらかじめ

見積もりを依頼すること

お勧めします。
 

今回は注文住宅の建築に必要な費用の内訳

についてご説明しました。

 

 

本体工事費用は、全費用のうちで占める割合が

多いので重要です。

 

 

 

みなさんの理想の家のイメージを

実現させるためには

必要な費用を把握することが大切です。

 

 

またスタジオコンクでは

毎日無料相談会

開催しています。

 

 

住宅の費用の事など

何か困った事があれば

ぜひお越しください。

 

 

 

ご相談・お問い合わせcontact

SAWAMURA建築設計 TEL.0120-007-582 営業時間10:00~18:00

SNSにて施工事例や家づくりのポイント等の情報を発信しています。