注文住宅の住宅ローン返済のための融資先別、借入額の目安とは?

投稿日:2018年09月21日

 

 

 

こんにちは、廣田です。

 

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

今回は

注文住宅の住宅ローン返済のための

融資先別、借入額の目安

を紹介します。

 

 

 

注文住宅を建てる際の支払い方法としては、現金で一括払いではな

ローンを組むのが一般的です。
「どれくらいの額までなら借りられるのか、

どれくらいの額を返さなければいけないのか。」
このような疑問をお持ちの方は

いらっしゃいませんか?

 

 

 

 

そこで今回は、実際にどういった

返済プランが立てられることが

多いのかについてお話しします。
 

 

 

□融資先の違い
融資先としては大きく二つに分かれ、

住宅金融支援機関が提供するフラット35

銀行などの民間ローンがあります。
両者の違いは、借入審査のハードルの高さ

金利の違いです。
 

 

 

フラット35は、保証人が不要で借入審査の

ハードルが低く、固定金利を設けています。
そのため、長期的な返済を考えた際に、

安心して返済できます。

 

 

 

 

一方で、民間ローンは現在の金利においては、

総借入額はフラット35よりも安いです。
しかし、金利が変動するため長期的な返済の見通しが

立てづらいというデメリットがあります。

 

 

 

 

□返済額について
フラット35と民間ローンのそれぞれの金利をもとに

実際の総借入可能額と月ごとの返済金額を算出してみると

のようになります。
以下は、年収(万円)と年間支払限度額の割合を表しています。

 

 

 

 

・民間ローン
年収300未満:年収の25%以内
年収300~400:年収の30%以内
年収400~500:年収の35%以内
年収500以上:年収の40%以内

 

 

 

 

・フラット35
年収400未満:年収の35%未満
年収400以上:年収の35%以上

 

 

 

 

借入額の詳しい計算方法について

例を挙げながらご説明します。

 

 

 

 

仮に年収600万円の35%の借り入れだとすると、

年間支払限度額は600万円×0.35=210万円です。

 

 

 

つまり、毎月借りられる額は210万円÷12=17.5万円です。

ここで、固定金利が1.1%だった場合の

総借入可能額は

約6100万円だと算出されます。

 

 

 

 

これは一例に過ぎないので、

実際の見積もりに関しては、

各融資機関に見積もりを依頼すれば

すぐに出してもらえるでしょう。

 

 

 

 

そのため、一度依頼してみては

いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

これまで、住宅ローンを返済する際の、

融資先の比較と借入の見積額

についてお話ししました。
借入期間やその他手数料を考えると

総支払額は変動するでしょう。

 

 

 

 

 

 

また、一概にどちらの融資先が

得だと断言はできません。
そのため、一度見積もりに出すことを

おすすめします。

 

長期的な視点での資金計画が

注文住宅の購入には必須です!

 

 

また、スタジオコンクでは

毎日無料相談会を

開催しています。

 

 

住宅ローンの事で

不安な事がある方は

ぜひ相談にお越しください。

 

2018年9月21日 投稿|     
一覧に戻る

ご相談・お問い合わせcontact

SAWAMURA建築設計 TEL.0120-007-582 営業時間10:00~18:00

SNSにて施工事例や家づくりのポイント等の情報を発信しています。