無添加住宅の天然素材

投稿日:2018年08月17日

こんにちは、廣田です。

 

今回は前回に引き続き

無添加住宅について紹介します。

 

 

『無添加住宅』で使われている

天然素材は、長い年月をかけて

素材そのものの持つ魅力

増していくとともに

いつまでも長持ち

機能的で、使うほどに愛着

わいてきます。

 

 

 

漆喰

漆喰の成分はカルシウム

でもある石灰岩で1200度の熱

でも燃えず、湿度を調節したり

空気を浄化する作用を

持っています。

 

 

 

天然木

時間が経てば自分の油で美しくなります。

無垢の木は、季節によって反ったり

隙間ができることも

ありますが、それは木が呼吸している証拠

です。

 

 

 

コーラルストーン

コーラルストーンは

灰や漆喰と同様に

無数の小さな穴があって

表面積が多いので

消臭効果があります。

 

 

 

 

今回は、無添加住宅で使われている

天然素材を紹介させていただきましたが

いかがだったでしょうか?

 

 

無添加住宅では

普段聞きなれないような

素材が使われています。

 

皆さんの家づくりの参考になればと

思います。

 

 

ご相談・お問い合わせcontact

SAWAMURA建築設計 TEL.0120-007-582 営業時間10:00~18:00

SNSにて施工事例や家づくりのポイント等の情報を発信しています。