消費税増税後 住宅の購入への影響

投稿日:2018年10月30日

こんにちは、廣田です。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 

 

さて、2019年10月からは消費税8→10%に引き上げられます。

支出が増え、一般家庭にも大きな影響が出てしまいます。

もちろん、住宅の購入にも大きな影響

があります。

 

 

 

 

 

 

 

□住宅の購入への影響は?


 

住宅の引き渡し2019年9月30日までに完了すれば、消費税は8%のままです。

つまり、2019年10月1日以降に引き渡しさせた物件は、消費税が10%になります。

注文住宅の場合は、請負契約が2019年3月31日までに完了していれば、引き渡しの時期に関係なく

消費税は8%のままです。

 

 

 

□注文住宅への影響


 

注文住宅には様々な費用がかかりますが、その中でも消費税の対象に

なるもの・ならないものがあります。

 

住宅価格とは、建物の購入費用である建物価格と、土地の購入費用である土地価格を合わせたものです。

このうち土地には消費税がかかりません

また建物価格は消費税の対象ですが、業者を介さずに個人取引をした場合は非課税となります。

 

 

その他消費税の対象になるもの

・購入の際に契約する住宅ローンの申込手数料

・エクステリア工事

・引っ越し費用

・家具

・照明器具

など、増税の影響を受けるものは多数あります。

 

 

たかが2%消費税があがるといっても

これだけのものを購入しようとすると

2%上がるだけでも増税の前と後では

費用の差は大きくなってしまいます。

 

 

というわけで、これから増税前の駆け込み需要として

住宅購入のために動き出している方も多くいらっしゃると思います。

 

今住宅購入を迷っている方がいらっしゃれば、焦らず少しでも

いいので考えてみてください。

 

その際もし分からない事があれば、ぜひスタジオコンクに

お越しください。

 

 

 

ご相談・お問い合わせcontact

SAWAMURA建築設計 TEL.0120-007-582 営業時間10:00~18:00

SNSにて施工事例や家づくりのポイント等の情報を発信しています。